7・8月のThanks


2022年TE250i 第1号納車O様です。

2017年に購入された701SUPERMOTOは、50,000キロを超える走りっぷりのO様。少し前からオフロード車が気になっていたようで、お選びいただいたのはKTMでもGASGASでもなく、やっぱりハスクバーナでした!

アスファルト道路を自走移動からの林道走行がメインのご用途との事(ハードエンデューロに行きましょうというスタッフの誘いをかたくなに拒み)で、タイヤをオフ60%・オン40%性能の物に交換されました。

東京近郊の林道は走れる場所がどんどん少なくなっているので、いい林道を見つけたら教えてください。

気が変わったら日野カンにも行きましょう!











東京は梅雨の終わり頃から連日の猛暑・酷暑((+_+))

暑い中のご来店、そしてご購入いただき皆様ありがとうございます。


先ずはVITPILEN401から。

世田谷はVITPILEN401が他の地域より人気かもしれません。

SVARTPILEN401目当てにご来店された方が、VITPILEN401の実車を前に唸っている姿を度々拝見します。

免許取得して初めてのオートバイがVITPILEN401のM様。今頃はVITPILEN401でご友人と北海道をツーリングしているはず。楽しんでますか?



SVARTPILENシリーズも変わらず人気です。


免許取り立ての方からベテランライダー様まで

タンクバックやバーエンドミラー、純正アクセサリでカスタムして自分仕様に




2021年701SUPERMOTOも無事車検を通過し、やっと納車することができました。

大変お待たせいたしました。


そして、とうとう当店最後のSVARTPILEN701が旅立っていきました。色々なオートバイを乗り継いで来られたベテランライダーのM様で安心・嬉しい限りです。



今回ご報告の時期はちょうど東京オリンピックが開催中で、新しい競技が色々採用されているのを見て、オートバイで何か競技があれば面白いのになぁとふと思いました。「アーティスティックバイク」とか、どうでしょう?複数台のバイクがいかにシンクロした動きができるかを競う、なんてね。


これから秋に向かい、オートバイシーズンになりますね。

9月末にはストリートモデルがまた充実する予定です。TE250iもまだ数台未成約車があります。

気になるモデルがあればお問合せくださいませ。

お待ちしております。

特集記事